インフルエンザ等の流行対策について

2016/12/16 追記


現在の梨ゼミ内クラス閉鎖状況

クラス名閉鎖期間
現在梨ゼミ内でのクラス閉鎖はありません。

当ゼミではこのインフルエンザ等の塾生への感染拡大を
少しでもくい止めるため、以下のような対策を講じ、
取り決め(ガイドライン)を設置しております。

インフルエンザ等の感染拡大防止への対策

  • 当ゼミ入り口付近には、両手をかざすだけで小学塾生でも確実に消毒液が噴霧される「自動手指消毒器」が2台設置されております。消毒液はインフルエンザウィルス等だけでなく、アルコールでは効果の無いノロウィルスも数十秒で99.9%以上除菌する効果があると謳われている「ピーズガード」(次亜塩素酸水)を使用しております。
    お越しになった全塾生は必ず消毒後に各教室に入室頂くようご指導いたします。もちろん、全講師、助手も同様です。
  • 当ゼミの全教室には以前から「空気清浄機」が設置されており、休校日も含めて24時間稼動しております。この空気清浄機は浮遊しているウイルスをキャッチし、不活性化する働きがあるとのことです。
    もちろん、体内のウィルスまで除去するものではありませんが、感染、及びその拡大防止に一定の効果があると考えられます。
  • 当ゼミのA、B、C各教室で以前から常時使用しているエアコンディショナー(エアコン)はイオン発生装置が付いており、浮遊しているウィルスの殆どを不活性化する働きがあるとのことです。 もちろん、体内のウィルスまで除去するものではありませんが、感染、及びその拡大防止に一定の効果があると考えられます。
  • 当ゼミではマスクを相当量備蓄しております。
    頻繁に咳をするなど感染が疑われる塾生、また、その周辺の塾生に配布し、積極的に使用して頂きます。

感染拡大防止への取り決め(ガイドライン)

  • インフルエンザ等に感染したと確認された当ゼミ所属塾生が1クラス塾生数の1割を超えた場合、基本的に該当クラスは一定期間閉鎖いたします。

    一定期間とは授業を再開しても他塾生に感染する危険性が低くなったと判断されるまでの期間とします。当判断は総合的に代表土屋が決定いたします。
    なお、所属小中学校での学級閉鎖、学年閉鎖、休校などに伴い自宅待機を命じられた結果、やむを得ず休塾する非感染塾生については、上記の「感染したと確認された塾生数」にはカウントしません。
  • 塾内学級閉鎖などの緊急連絡は「お知らせメール」、及びPC用、スマートフォン用各ホームページ上で告知いたしますので、定期的なご確認をお願いいたします。なお、「お知らせメール」を登録されていない方にはお電話にてご連絡いたします。
  • 塾内学級閉鎖を実施した場合でも基本的に宿題は課します。
    PC、もしくはスマートフォン用ホームページ内の「今日の宿題」をご確認の上、健康上宿題実施に問題のない塾生は必ず実行するようにしてください。
  • 当閉鎖に伴う未実施の授業は、極力年度内にその振替授業を行うべく努力いたしますが、物理的に不可能な場合も予測されます。その際はご容赦下さいませ。

保護者の皆さまへの重要なお願い

基本的な対応は下図通りとなります

  • 感染の拡大を少しでも防止するため、お子様のマスクの着用をお勧めいたします。売り切れなど入手が困難な場合はご相談頂ければ、当ゼミの備蓄分を無料で提供いたします。
  • お子様が残念ながら感染してしまった場合はもちろん、症状的に感染が強く疑われる場合はご自宅でお休み頂き、安静にされますようお願いいたします。 なお、ご兄弟姉妹が感染された場合でも、ご本人の健康状態に問題がない場合は登塾されても構いませんが、最終的な判断は保護者様に委ねます。 つまり、所属校での学級閉鎖などの該当が無く、感染、保菌が確定、または強く疑われない限り、塾側では登塾の可否の決定はいたしません。
  • お子様の所属学校で学級閉鎖、学年閉鎖、学校閉鎖などの措置が取られた場合、該当塾生は特に具合が悪くなくても登塾せずに、ご自宅で学習されますようご指導下さい。
  • 所属学校、もしくは当ゼミで学級閉鎖などの措置が取られた場合、感染してしまった塾生はもちろん、非感染の場合でも絶対に外出しないよう、お子様をご指導下さい。同じクラスの学友と一緒に学習するようなことも絶対に避けて下さい。他人と接触してしまえば、学級閉鎖の意味が薄れてしまいます。 また、当ゼミから、お子様本人に学習内容の重要な連絡や閉鎖解除に向けての健康状態の確認などのため、電話でご自宅の固定電話に連絡する場合があります。その際、外出されているようなことがないように強くご指導下さい。
  • お子様のご様子を常時ご観察頂き、多少なりとも感染が疑われる場合は、速やかに医師の診断をお受け下さい。また、その診断により感染が判明した場合、もしくは感染が強く疑われる場合は、その旨、お電話、メールなどで必ず当ゼミまでご連絡頂きますよう、お願いいたします。
  • 当件につきまして、ご意見、ご要望等ございましたら、お電話(0120-4444-02)、Eメール(info@rikohdai.com)などで、ご連絡下さい。
  • 梨香台ゼミナール
    代 表 土屋 祐二