荒天による休講の取り決め

当ゼミでは台風や大雪など荒天の際に気象庁から気象警報が発表された場合、塾生の皆さまの安全確保を最優先に考え、以下のように休講について取り決めております。

月曜日から金曜日は午後2時前後、土曜日は午後1時前後の段階(夏期、冬期講習時は当日の最初の授業開始時刻の約1時間前の段階)で「波浪」「高潮」を除く「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」警報注意報ではありません)のひとつでも、当ゼミの所在地、及び塾生の居住地、つまり「千葉県市川市」もしくは「松戸市」の双方、もしくはどちらかの市に発表されている場合、基本的に当日の全ての授業は休講となります。
(予報により短時間での回復が見込まれる場合は、警報発表中でも授業を行う場合があります。)

また、授業途中でも、上記の5つどれかの警報が発表された場合、その時点で授業を直ちに打ち切り、塾生の皆さまをお帰しし、また送迎ご利用の皆さまは出来るだけ速やかにお送りし、それ以降の当日の授業は全て休講に致します。

なお、落雷の恐れがあるなど、早急にお返しすることがかえって危険と判断される場合は、一時的に塾内に待機させる場合もあります。

さらに、道路積雪やその後の夜間凍結など、塾生の皆さまの安全な通塾が確保出来ないと塾長が判断した場合、警報が発表されていなくても休講にする場合があります。

以上の警報などによる休講の振替授業は原則的に行いません。

なお、この緊急休講の連絡は当HPのトップページでご連絡いたします。
また、警報の情報は気象庁HP内のこちらで確認いたします。ご参照下さい。